TOP » マデコムタイムズ[web版]

『警察相談の日』と『#9110』

Download PDF

おまわりさん

9月11日は『警察相談の日』だというのをご存知でしょうか? 
生活上の安全に関する不安や悩みなどを警察に相談できる電話番号として「#9110」が設定されており、これにちなんで、警視庁が1999年に9月11日を「警察相談の日」と定めました。

本来、緊急の事件や事故を受け付ける通報電話である「110番」に、急を要しない相談が多数寄せられる結果、人命にかかわるような事件・事故に対する警察の対応が遅れてしまうというような事態が起きています。 実際、年間900万件を超える「110番」通報のうち、20%~25%が緊急の対応を必要としない照会や相談だということです。そういった案件の相談窓口として設けられたのが「#9110」なのです。

全国どこからでも「#9110」に電話をすると、その地域を管轄する警察本部などの相談窓口に繋がります。
そして、相談業務を担当する専門の「警察安全相談員」などの職員が対応してくれて、助言やアドバイスを受けることができます。
場合によっては相手側への指導や警告もしてくれますし、法律に触れると認められる場合には事件化し、検挙や補導につながることもあります。
相談内容によって、他の機関での対応がふさわしいと判断されれば、当該機関への紹介もしてもらえるそうです。

具体的な相談例としては、ストーカーの被害に関すること、配偶者からの暴力、契約(悪質商法)に関するトラブルや少年非行に関することなど。中には、3日前から連絡の取れない一人暮らしの母親の安否確認について相談し、警察が自宅を訪ねて倒れている母親を救急搬送したという事例もあるようです。

「#9110」への相談件数は年々増加しており、平成27年には2,009,980件もの相談があったということです。
かける必要がないのが一番ですが、もしもの時のために「#9110」を覚えておきましょう。

Excel2016とPowerPoint2016に自動保存機能が追加!

Download PDF

Excel
Excel2016またはPowerPoint2016をお使いのあなた、最近クイックアクセスツールバーに「自動保存」というスイッチ(下表左)が追加されたことに気付かれましたか?

Microsoft社の説明によると、このスイッチが「オン」になっていれば、『”早めに保存、頻繁に保存” は、いまや過去の話です。数秒ごとに保存する自動保存機能があるため、このような操作は必要ありません。』とのことです。
保存中は、タイトルバーの中央に(下表右)のように表示されます。

さらに、『この機能は、Office 365 サブスクライバーの Excel および PowerPoint 2016 で使用できます。自動保存は、ファイルが、OneDrive、OneDrive for Business、または SharePoint Online に保存されているときに有効になります。』とあります。
つまり、ファイルがPC内の「ドキュメント」などに保存されている場合は、自動保存の機能は使えません。また、ファイルが古い形式(xls、pptなど)で保存されている場合にも自動保存は無効になり、クイックアクセスツールバーの「自動保存」スイッチはグレーアウトします。

変更を保存したくなかった場合は、「アクティビティ」ボタンをクリックして履歴を表示し、以前のバージョンのファイルに戻すことができます。

更に、一旦「名前を付けて保存」した後は、[ファイル]タブのメニューに「名前を付けて保存」は表示されなくなり、代わりに「コピーの保存」というコマンドになります。

自動保存したくない場合は、ファイル単位でクイックアクセスツールバーのスイッチからオン/オフを切り替えられます。

自動保存 保存中

苦手な夏休みの宿題ランキング 第1位は…?

Download PDF

夏休み

お子さんがいるご家庭の中には「8月31日は毎年修羅場だ」と子どもの夏休みの宿題に毎年のように振り回されている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 
子どもの夏休みの宿題は、親にとっても結構なストレスの原因かも…。子どもの宿題なのに子ども以上に親が苦労する、なんて話はよくありますよね?

さて、そんな夏休みの宿題ですが、さまざまなアンケートを行っているアンケートサイト「みんなの声」の『夏休みの宿題で、嫌だったモノは何?』という調査では、第1位が「読書感想文」(5847票)。続いて第2位は「自由研究」(4324票)、第3位は「絵日記」(1133票)という結果が発表されています。

また、ベネッセコーポレーションの「進研ゼミ小学講座」が保護者を対象に行ったアンケート調査でも、読書感想文は「やや取り組ませ難かった」が30.4%、「非常に取り組ませ難かった」が32.7%あり、計6割以上の方が「取り組ませ憎い」と感じているようです。親御さん自身も子どもの頃に読書感想文が苦手だったという記憶が尾を引いているということでしょうか。

このように親子ともに多くの人が読書感想文に悩まされているようですが、コツがわかれば意外にスラスラと書けるものです。

最近では子ども向けに書き方を説いた書籍も販売されていますし、ネットという強い味方もあります。例えば「Yahoo!きっず」の『読書感想文 書き方のコツ』( https://kids.yahoo.co.jp/event/mag/dokusho/ )は、とてもわかりやすく書かれていますよ。

今年の夏休みは、読書感想文に悩まされることなく過ごせると良いですね!

 

Windows10 のサポートポリシーについて

Download PDF

Windows10

Microsoft社が「最後のWindows」と位置づける「Windows10」。
今後、Windows11が登場することはなく、「Windows as a Service
(WaaS)」という考え方の下において、修正プログラムや追加機能(機能性更新プログラム)が提供され、Windows10自身が進化をし続けていくという形式をとっています。ユーザーは、自動更新によって常に最新の状態を維持できるわけです。

2015年7月29日に最初のバージョン(1507)が公開された後、これまでに3回の大型アップデートがありました(下表)。今後は、年2回(3月と9月)のペースで定期的に実施される予定です。

外部的には単一の「Windows10」となっていますが、内部的にはそのバージョン毎にサポート期間が細かく区切られています。

ここで注意しないといけないのは、それぞれのバージョンのサポートが約18ヶ月で終了するということです。 新しい「機能性更新プログラム」が公開されると、そのバージョンは4ヶ月のパイロット期間の後、12ヶ月程度の「展開/使用」期間、60日間の「猶予期間」を経て、サポートを終了します。既に、最初のバージョン(1507)のサポートは終了しています。 サポートが終了すると修正プログラムが提供されなくなるのでセキュリティー上の問題が生じてきますが、通常のユーザーは常に最新のバージョンを使用することになるので特に気にすることはありません。しかし機器のスペックや使用しているソフトの関係など、何らかの事情により新しいバージョンにアップデートできずにいるユーザーは、Windows10のサポートポリシーについて知っておくことが重要です。

バージョン 公開日 サポート終了日
1507:最初のバージョン 2015/7/29 2017/5月
1511:November Update 2015/11/12 2017/10月
1607:Anniversary Update 2016/8/2 2018/3月
1703:Creators Update 2017/4/12 2018/9月

お中元

Download PDF

お中元
そろそろお中元の時期ですね。
お中元は、元々は道教に由来する年中行事です。中国では昔、1月15日・7月15日・10月15 日をそれぞれ「上元」「中元」「下元」とし、合わせて「三元」と呼んでいました。三元は3人の神様(三官大帝)の誕生日で、それぞれの神徳は、上元…賜福(福を与える)、中元…赦罪(罪を赦す)、下元…解厄(厄を祓う)となっており、その日には色々な行事や祭りが行われていました。
中元の「この日に供応すれば罪が許される」という教えと、仏教の「盂蘭盆会(=お盆)」の行事が交じり合い、中元は祖先の霊を供養する日となり、日本にも伝わってきました。
お盆には、迎え火や盆踊り、送り火などの様々な儀式がありますが、その内の1つに「盆礼」があります。これは、親や親戚、近所の人々の間で霊前に供える品物をやりとりする習慣でした。盆礼は「生身霊(いきみたま)」とも呼ばれます。
生身霊とは、故人を供養するとともに、生きている祖先である親に贈り物をしたり、もてなしたりする行事です。そこから目上の人やお世話になった人に贈り物をするという現在の「お中元」につながります。
さて、お中元を贈る時期ですが、東北・関東では7月1日から7月15日まで、北海道・東海・関西・中国・四国では7月15日から8月15日まで、そして九州では8月1日から8月15日までとなっています。北陸は、地区によって7月1日から7月15日と7月15日から8月15日に分かれるようです。先様の地域に合わせて、時期を外さず贈るようにしましょう。
また、持参せずデパートなどから発送する場合には、品物が届くよりも早く着くように送り状を郵送するのがマナーです。
品物選びにも迷ってしまいますが、やはり人気があるのは夏らしくて涼を感じさせてくれるもの。メロンやマンゴーといった旬のフルーツや、それらを使用したスイーツもいいですね。日頃の感謝の気持ちを伝えるとともに、暑い夏に健康を願う気持ちを込めて贈りましょう。