アーカイブ : 2017年 3月

進学・卒業祝いに「パソコン」はいかが? パソコンを使えない若者が急増中!?

Download PDF

パソコン
お子様やお孫さん、ご親戚の方の進学・卒業のお祝いに何を贈ろうか迷っていらっしゃるなら、今年は思い切って「パソコン」を贈ってみてはいかがでしょうか? 
今、パソコンの使い方が分からない新卒社員が増えているそうです。
「若い子はパソコンぐらい使えるでしょ!」と思われている方が多いですが、実は“若者のパソコン離れ”がひと昔前よりも進んでいるということです。
平成27年度青少年のインターネット利用環境実態調査結果の報告書では、18歳以下の子どものパソコン利用率が26年度の85%に比べて、78%と10ポイント近く減少しており、実際には多くの子どもがパソコンを使わなくなっているのです!
言うまでもなく、その原因はスマホやタブレットの普及です。確かに、ウェブ閲覧やSNSなどではスマホの方が手軽で便利なので、わざわざパソコンを使う必要を感じないかもしれません。けれど、少なくとも現在はどんなビジネスでもパソコンは必要不可欠。職業によってはパソコンがなければ仕事が回っていかない…なんてことも少なくありません。
就職のことを考えれば、パソコンの機能やキーボード操作に慣れておきたいものですね。
ちょっと高いお祝いの品ではありますが、今年は少し奮発してノートパソコンを贈ってみませんか?

確定申告はお済みですか? まだならパソコンでやってみませんか?

Download PDF

確定申告

毎年の確定申告…面倒ですね。
申告期間もあとわずかです。
今焦っているあなた、今年はパソコンで確定申告書を作成してみませんか?
国税庁のHPの「確定申告書作成コーナー」から、ご自宅のパソコンで手軽に作成することができますよ。
( https://www.keisan.nta.go.jp/h28/ta_top.htm#bsctrl )
「確定申告書作成コーナー」で作成すると、
① 365日24時間いつでも利用できる(途中でデータを保存して中断し、後日再開することも可能)ので忙しい方にも便利
② 難しい計算は自動計算してくれるので、計算間違いがなくなる
③ 手順通りに進行しないと先に進めないので、記載漏れや入力ミスがなくなる
④ 医療費や配当などの集計も、専用フォームが用意されており、簡単に申告書に反映できる
⑤ 入力が終了すれば自宅のプリンターで様式ごと印刷できるので、用紙を準備する必要がない…などの利点があります。
ご自分のパソコンの利用環境が申告書作成のための推奨環境を満たしているかどうかを確認する必要がありますが、それも国税庁のHP上からクリックひとつで確認することができます。
また、作成した申告書を提出するには、
① 印刷して、必要添付書類(各控除証明書等)を貼って税務署に郵送もしくは持参する、
② データとしてインターネット上で提出する(e-Tax)、の2通りの方法があります。
後者(e-Tax)の場合は、電子証明書が組み込まれているマイナンバーカードまたは住基カードやICカードリーダライタ、ソフトウェアのインストールなどの事前準備が必要になりますが、下記のようなメリットがあります。
① 最高5,000円の税額控除、② 添付書類の提出が不要、③ 還付金がスピーディー…など。
「確定申告書作成コーナー」には、入力例や手引きなども用意されていますし、わからないことを電話で問い合わせることもできます。
問合せ先: 0570-01-5901(全国一律市内通話料金)または03-5638-5171(通常通話料金)へどうぞ。