アーカイブ : 2017年 2月

「恵方巻き」の経済効果

Download PDF

恵方巻き元々は江戸末期の大阪商人から始まった風習と言われる『恵方巻き』。

以前は節分と言えば「豆まき」がメインのイベントでしたが、今や「その年の恵方に向かって黙々と巻き寿司を丸ごと1本食べる」というちょっとユーモラスなこの行事が節分のもう1つのビッグイベントになっていますね。

「恵方巻き」を最初に商業ベースに乗せようとしたのは、大阪の海苔業界でした。1970年代に「節分の丸かぶり」として宣伝販売し、節分イベントとして道頓堀で実施した「海苔祭り」の「巻き寿司早食い競争」がマスコミに取り上げられて、全国に伝えられました。

しかしながら、この頃の知名度はいまひとつ。1983(昭和58)年にファミリーマートが大阪府と兵庫県で販売を始めるなど、じわじわと広がってきたところ、1989(平成元)年にセブンイレブンが「恵方巻き」とネーミングして売り出したのが、現在のように誰もが知るようになったきっかけだそうです。しかもこの名付け親は、広島のセブンイレブンの個人オーナーとのことですから、ちょっと驚きですね。そして1998(平成10)年、セブンイレブンは他のコンビニに先駆けて全国販売を開始します。その後の盛り上がりぶりはご存知の通りです。

ところで、この恵方巻きの経済効果、一体いくらぐらいなのかご存知でしょうか?

2006年1月26日の佐賀新聞朝刊に掲載された「ミツカン」による恵方巻きの経済効果の試算では、2006(平成18)年の時点で既に恵方巻きの経済効果は140億円以上だったそうです。さらに、記念日文化研究所によれば、一昨年の市場規模はなんと推計540億円! バレンタインデーが推計1250億円とのことなので、その半分近くにもなるわけです。

さて2017年の恵方は「北北西」です。今年も無病息災を願って、「恵方巻き」を味わって下さいね!

迷惑メールが増えています!ご注意を!!

Download PDF

以前よりウィルスメール(添付ファイルなどに悪質なウィルスが含まれているメール)やフィッシング詐欺メール(金融機関や有名企業などを装って偽のホームページに誘導して個人情報を盗み取ろうとするメール)が猛威を振るっていますが、今年に入ってからも非常に多くが確認され、警視庁犯罪抑止対策本部もTwitterで実際のウィルスメールの件名を載せて注意を呼び掛けています。

いずれも添付されたZIPファイルに文書や画像ファイルを偽装したウィルスが格納されているということです。これらの添付ファイルを開いてマルウェアに感染してしまうと、金融機関関連情報が盗まれてインターネットバンキングの不正送金などの犯罪の被害に遭う危険があります。

また、MicrosoftやLINEをかたる偽のメールも出回っています。Microsoftの偽メールの件名は「ご注意!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」で、Microsoft Office製品のプロダクトキーが盗み取られた可能性があるとして本人確認を求める内容です。

LINEをかたる偽メールの件名は「LINE Corporation」または「LINE」です。こちらも、LINEアカウントに異常ログインされたという内容で、いずれも本文中に記載されたURLをクリックすると偽のホームページに誘導され、そこで個人情報の入力を求められます。

では、私たちはどのように対処すればいいのでしょうか?

まず“銀行などの企業が、メールでID・パスワードやクレジットカード番号等の個人情報の入力が必要な手続きに誘導することはない”ということを忘れないで下さい。もしそのようなメールを受け取ったら、メール中のURLは絶対にクリックしないで、すぐに削除しましょう。その他のメールでも、メールの送信者や本文の内容をチェックして、少しでも不審な点があればURLをクリックしてはいけません。さらに、知らない送信者からのメールの添付ファイルは開かないようにして下さい。また、OSやセキュリティソフトは常に最新の状態にUpdateしておいて下さい。