アーカイブ : 2016年 10月

ハロウィン商戦真っ盛り!今年も仮装が大人気!!

Download PDF

ハロウィン今やクリスマスに次ぐ一大イベント、『ハロウィン』が今年もやってきます。

2010年に380億円だったハロウィン市場は、わずか4年で約3倍に拡大し、2014年には1000億円の大台を突破。昨年は約1200億円だったそうで、ついにバレンタインデーの1100億円を超えてしまいました。

夏休みが終わる前から、すでにお店やネットショップでは様々なハロウィンのデコレーショングッズや仮装グッズがあふれています。そう、ハロウィンと言えば“仮装”ですね!

フリマアプリ「フリル」を運営する、株式会社Fablicが実施したアンケート調査では、なんと回答者1,214名のうち半数以上もの人がコスプレをしたいと回答し、今年も多くの方が仮装をして楽しまれることが予想されます。

ところで、何故ハロウィンには仮装をするのでしょう?

そもそもハロウィンとは、アイルランド地方に住んでいた古代ケルト人が行っていた秋の収穫祭や悪魔祓いの儀式が起源とされています。紀元前のケルト人の暦では、11月1日が新年だったため、10月31日は大晦日にあたります。この日には亡くなった人の魂が家族のもとに帰ってくると信じられていました。まさに「盆と正月が一緒に来た」という感じですね。ただ、同時に悪霊や魔女もやってきて、生きている人間から魂を奪うと言われていたため、人間だと気づかれないように魔物と同じ格好の仮装をするようになったのだそうです。

その後、長い歴史の中でキリスト教と融合し、11月1日の万聖節(諸聖人の日)の前夜祭として位置付けられるようになりました。

現在の日本のハロウィンはそういった歴史的・宗教的要素とは関係のないお祭りとなっていますが、どうせなら楽しんじゃいましょう!

今年は思い切って仮装して、ハロウィンに参加されてみてはいかがでしょうか?

パソコンの処分大丈夫ですか?

Download PDF

不要になってしまったり、壊れてしまったりしたパソコンを処分するにはどうすればよいのでしょうか?

平成13年施行の「資源有効利用促進法」によって、パソコンは粗大ごみとして捨てることはできなくなり、メーカーによる回収・リサイクルが義務づけられました。個人や家庭から排出されるパソコンは、平成15年10月からこの法律に基づいた回収・リサイクルが行われています。これ以降に販売された家庭用パソコンには「PCリサイクルマーク(左図)」がついており、メーカーは無償で回収・リサイクルしてくれます。PCリサイクルマークが付いていない場合は、数千円の回収再資源化料金が必要になります。メーカーが倒産している場合や、自作のパソコンなどは、「一般社団法人パソコン3R推進協会」( http://pc3r.jp/ )が回収してくれます(要回収再資源化料金)。

また、不要にはなったけれどもちゃんと動作するパソコンなら、業者に買い取ってもらったり、或いは知人に譲るという場合もあるでしょう。

いずれの方法で処分するにせよ、最も重要な注意点はデータの消去です。パソコンは個人情報の宝庫です。メーカーに回収してもらった場合、「情報漏洩を防ぐ措置をとった上でのリサイクル」とのことですが、それでも万が一の事故によって漏洩した場合の責任は負ってはくれません。従って、自分でデータを消去するのが基本です。

データの消去方法としては、① 専用ソフトを利用する、② 専用装置を利用する、③ ハードディスクを物理的に破壊する、があります。

どうしても自分で消去することができない場合は、メーカーに相談しましょう。