アーカイブ : 2016年 6月

しっとりと和菓子を楽しむ6月

Download PDF

嘉祥菓子七ヶ盛
6月16日は『和菓子の日』です。聞き慣れない方も多いかもしれませんが、実はとても起源の古い記念日なのです。
歴史を遡ること平安中期、その頃国内では疫病が蔓延していました。そこで仁明天皇は年号を「承和」から「嘉祥(かじょう)」へと改め、その元年である848年の6月16日に16個の菓子や餅を神前に供え、疾病除けと健康招福を祈ったという「嘉祥の儀式」に由来しています。
これを起源に、毎年6月16日に厄除けや招福を願って菓子を食べる「嘉祥菓子」という習慣ができ、江戸時代まで続きます。
上図は、それを代表する「嘉祥菓子七ヶ盛」というものです。上から時計回りに「武蔵野」「源氏籬(げんじませ)」「桔梗餅」「伊賀餅」「味噌松風」「浅路飴」、そして中央のお菓子には「豊岡の里」という名が付いています。
明治時代以降、この習慣はだんだんとすたれてしまいますが、この習慣の復活を願い、そして和菓子の素晴しさを後世に伝えていこうという趣旨で、1979(昭和54)年に全国和菓子協会がこの日を「和菓子の日」と定めたのです。
また、京都では1年の折り返し点である6月30日に、過ぎた半年の罪や穢れを祓い、残る半年の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行われます。そのときに「水無月」という和菓子を食べます。氷をかたどった三角形のお菓子で、白い外郎の上に小豆がのっています。小豆には厄除けの意味があるそうです。6月に京都に行かれる方は、ぜひ食してみてください。
日本の美しい四季のなかで育まれてきた和菓子には、食べてしまうのがもったいないほどの綺麗なものもあります。この時期は特に凝った和菓子が出ます。しとしとと降る雨を眺めながら美味しい和菓子を頂くのも、なかなかおつなものですね。

無線LANでインターネットの接続が不安定な場合の対処法

Download PDF

今やインターネットがない生活など考えられない毎日ですよね。
検索やページ移動などがサクサクと動き、動画ならば最後までスムーズに視聴できる…という風に、ストレスなくインターネットを使っていきたいものです。
ここでは無線LANを利用している方に向けて、インターネットの接続が不安定になったり繋がらなくなったりしてしまった場合の一般的な対処方法をご紹介します。

  1. まず同じ無線LANルーターを利用している全ての機器(PC、スマホ、タブレット等)が繋がらないのかどうかを確認します。一部の機器のみ繋がらないのであれば、その機器を再起動してください。再起動しても繋がらなければ、再度接続設定を行います。ノートパソコンの場合は、無線LANスイッチがOFFになっていないかも確認してください。
  2. 全ての機器が繋がらない場合は、無線LANルーターのアンテナを調節してみましょう。電波はアンテナに対して垂直方向に飛びます。
  3. 全ての機器が繋がらない場合は、無線LANルーターのアンテナを調節してみましょう。電波はアンテナに対して垂直方向に飛びます。
  4. それでもダメなら、無線LANルーターとモデム(光回線の場合はONU)のリセット(放電)をしてみましょう。両方の機器から電源ケーブルを抜いて、数分間放置します。
    モデム(またはONU)に電話線が接続されている場合は、その間電話が使用できなくなりますのでご注意ください。PCの再起動もしておくといいですね。
    数分放置後、まずモデム(またはONU)の電源を入れます。ランプが安定してきたら、ルーターの電源を入れます。ルーターのランプも安定したら、インターネットに接続できるかどうかを確認してください。

以上を試しても繋がらない場合は、契約しているプロバイダに問い合わせをしてくださいね。