アーカイブ : 2016年 1月

初夢

Download PDF

富士山
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
一年の始まりに見る『初夢』。その昔、夢は「寝目(いめ)」と呼ばれ、誰もが見るものではなく、特別な人が神仏によって与えられるもの考えられていました。しかし、鎌倉時代以降は誰でもが見られるものとなり、“何らかのサイン”としてとらえられるようになっていきます。ですから、「初夢は新しい年を占う」と言われるのです。
では、いつ見た夢を初夢と呼ぶのでしょうか? 
初夢について書かれた一番古い文献は、鎌倉時代の「山家集」と言われています。この当時は立春が新年の始まりと考えられていたため、初夢は「節分から立春の夜に見る夢」とされていました。
江戸時代になると、①大みそかの夜に見る夢、②元日の夜に見る夢、③1月2日の夜に見る夢、と説が分かれてきます。
江戸時代前半の最も一般的な解釈は「大みそかの夜」説だったようですが、大みそかの夜は徹夜することも多かったためか、江戸時代中期以降は「2日の夜」説がポピュラーになってきたようです。「2日の夜」説の理由として、この日の午後に「お宝、お宝」と売りに来る宝船の絵を枕の下に敷いて寝ると縁起の良い夢が見られるという習慣が広まったためとも言われています。現在では、「元日の夜」説が有力でしょうか。
縁起の良い初夢といえば、「一富士 二鷹 三茄子」が有名ですね。
この由来についても、徳川家康のお膝元の駿河の名物を並べたという説や、富士=「無事、不死」、鷹=「高、貴」、茄子=「成す」に通ずるという説など、いくつかあります。
また、これには続きがあり、「四扇 五煙草 六座頭」と言います。扇は末広がり、煙草は煙が上にあがるので運気上昇、座頭とは剃髪した琵琶法師のことで“毛がない=怪我ない”を意味します。他にも、「朝」「血」「火事」「トイレ」「太る」「泣く」などの夢は縁起が良いそうです。
良い夢を見た後は、あまり人に話さない方が良いと言われます。逆に悪い夢を見てしまったら、その内容を午前中に人に話すと良いそうな…。
さて、皆様の初夢は? どうか、今年が素晴らしい年になりますように!

『OneDrive』の無料容量15GBを維持するには…

Download PDF

2015年11月、マイクロソフトはクラウドストレージサービス『OneDrive』の容量プランについて、Office 365ユーザー向けの「容量無制限」を廃止して最大1TBとし、無料サービスのユーザーに提供される15GBのストレージは5GBまで縮小、さらに15GBのカメラロールボーナスも廃止すると発表していました。
「容量無制限プラン」契約者の中に、1人で75TBもの容量を使用するなど、一部のユーザーが相当な容量を使い込んでいたために安定的なサービス提供が困難になったということが、その背景にありました。
当然の事ながら、常識的に利用していた世界中のユーザーからクレームが殺到し、これを受けてマイクロソフトは方針を修正し、無料サービスのユーザーについては、今月31日までに申請すれば15GBの基本容量と15GBのカメラロールボーナスの計30GBがそのまま維持できるようになりました。
この期間内に申請しない場合、あるいは期間終了後の新規ユーザーの無料容量は5GBになります。
申請方法は、
専用Webページ( https://preview.onedrive.com/bonus/ )にアクセス
⇒「Keep your free storage」ボタンをクリック
⇒Microsoftアカウントでサインイン
⇒アクセス許可に同意 
で終了です。次の画面に「Success!」と表示されれば、容量維持に成功です。OneDrive利用中の方はもちろん、いつか使うかもしれないという方も申請しておきましょう。
なお、個人向けOffice 365ユーザーについては、11月発表の「1TBへの容量制限」という内容に変わりありませんが、この決定に不服なユーザーに対しては全額払い戻しするとのことです。