アーカイブ : 2015年 12月

除夜の鐘 と 煩悩

Download PDF

大晦日の深夜、「除夜の鐘」が響き始めると、今年もいよいよ終わりだな…と実感しますね。
除夜の鐘は、中国から宋代に渡来した習慣と言われています。
「除」とは“古いものを捨てて新しいものを迎える”という意味で、一年の最後であり新年を迎える日となる大晦日を「除」の日=「除日」といいます。この事から「除夜」とは大晦日の夜のことをさします。
人間の煩悩の数が108であるとされているため、それを打ち払うために、除夜の鐘の回数は108回となっています。
では、なぜ煩悩の数は108なのでしょうか? 
これも諸説がありますが、有名なものとしては、人間が持つ6つの感覚器官(六根)のそれぞれに好(気持ちが良い)・悪(不快)・平(どちらでもない)の3種があり、これがまた浄(清らか)・染(けがれ)の2種に分かれ、さらに、前世・今世・来世の3つの時間が関わって、6×3×2×3=108となる説があります。
けれども、108というのは“とても多い”ことを表す数で、実は必ずしも煩悩の数が決まっているわけではないとも言われます。
大晦日の晩に撞かれるのは107回で、残りの1回は新年になってから撞くというのが一般的なようです。
では皆様、少し早いですが、煩悩を祓って良いお年をお迎えくださいね。

Windows10のメジャーアップデート

Download PDF

先月13日、Windows10初のメジャーアップデート(大型アップデート)が公開されました。
これまでに報告されていた問題点の改善のほか、起動速度が高速化され、新しい機能やアプリの追加が行われています。
しかしながら公開後しばらくして不具合が見つかり、一時的に配信がストップしていましたが、同25日から修正版の提供が再開されています。Windows10の全ユーザーに配信されます。
今回のメジャーアップデートのポイントは、
① 音声アシスタント機能「Cortana(コルタナ)」の日本語対応
② 設定の同期や“タブプレビュー”など、ブラウザ「Edge」のパフォーマンス改善
③ “Skypeビデオ”・“メッセージング”・“Sway”などの追加や“メール”・“フォト”・“カレンダー”などを改良した「標準搭載アプリの改善」
④ 遊ゴシックや遊明朝ファミリーの品質向上を図った「日本語フォントの改善」
の4つだそうです。
「Cortana」はiPhoneの“Siri”やAndroidの“Google Now”のような機能ですが、今のところ音声検索の他に使用可能な機能は、
1.予定の通知
2.地域・日時を指定した天気予報
3.音楽の再生
4.(タイマーの設定
5.OneNoteと連動したメモの作成
6.株価の確認
7.リマインダー作成
8.Cortanaとのコミュニケーション 
などです。英語版では手書きメモの認識などもできるそうですが、日本語版では未対応です。Cortanaを使用するには、Microsoftアカウントが必要です。
「Edge」の“タブプレビュー”機能とは、閲覧中のページから離れなくても、他のタブにポインターを合わせることで、そのタブのWebサイトの内容をプレビュー表示できる機能です。セキュリティ機能も強化されています。
また、これまでCドライブにしかインストールできなかったアプリの保存先を変更することができるようになり、Cドライブの容量を心配する必要がなくなりました。他にも、「すべてのアプリ」で表示されるアプリ一覧で、今までは漢字のアプリ名が付けられていると「漢字」カテゴリにまとめられてしまっていましたが、読みに合わせた「かな」に分類されるようになるなど、スタートメニューにも改善が加えられています。
なお、次回のメジャーアップデートは、2016年6月に予定されているようです。