アーカイブ : 2015年 9月

十五夜(中秋の名月)と 月うさぎ伝説

Download PDF

お月見といえば、一般的には旧暦8月15日の『十五夜(中秋の名月)』のことをさします。今年の十五夜は、9月27日です。
旧暦では7月~9月を秋としており、その秋のちょうど真ん中の日、つまり8月15日を「中秋」と呼ぶのです。「仲秋」と書くこともありますが、7月を初秋、8月を仲秋、9月を晩秋というので、仲秋の名月とは8月の名月ということになり、少し意味が異なります。
十五夜は必ずしも満月ではなく、今年は翌日の28日が満月となります。余談ですが、「八月十五日」と書いて「なかあき」と読む苗字もあるそうです。
お月見の風習は、平安時代に唐から伝わり、当初は貴族たちが月見の宴を催して楽しんでいましたが、やがて実りに感謝する行事として庶民にも広がっていきました。この頃収穫される芋をお供えすることから「芋名月」とも呼ばれます。
ところで、日本では月の模様を「うさぎが餅をついている」と言いますが、これには、仏教説話からきた次のような伝説があります。
『昔、天竺にウサギとキツネとサルがおりました。ある日、疲れ果てて食べ物を乞う老人に出会い、3匹は老人のために食べ物を集めます。サルは木に登って果実を、キツネはお墓からお供え物をとってきましたが、ウサギは何も持ってくることができなかったので、「私を食べてください」と言って火の中に飛び込み、自分の身を老人に捧げたのです。実は、その老人とは3匹の行いを試そうとした帝釈天で、そんなウサギを哀れんだ帝釈天が、月の中にウサギ甦らせて、皆の手本にしたのです。』
…なんだか悲しいお話ですね。
また、餅をついているのは、「月のウサギは杵を持って不老不死の薬をついている」という古代中国の神話からきています。これが日本に伝わり、満月を表す「望月(もちづき)」と結びついて「餅つき」に変化したということです。他にも、「老人のために餅つきをしている」、「うさぎが食べ物に困らないように」、「たくさんのお米が採れたことに感謝する」などの説もあるようです。

“Google クラウドプリント”を使ってみよう!

Download PDF

『Google クラウドプリント』は、どこからでもインターネットを介して手持ちのプリンターで印刷することができるサービスです。
あらかじめ、目的のプリンタを「Google クラウドプリント」に登録しておくことで、外出先からスマホやパソコンの印刷ボタンを押せば、登録したプリンタで印刷されます。たとえば、職場のパソコンから自宅のプリンタに印刷データを送るというようなことができるのです。
このサービスを利用するために必要なものは、
① クラウド対応プリンタ(最近のプリンタは多くが対応しています)、またはインターネットに接続したパソコンにつながっているプリンタ(クラウド非対応でもOK)、
② Google Chrome、
③ Googleアカウント
になります。
クラウド対応プリンタの場合、設定方法はプリンタにより異なるため、プリンタメーカーのHPなどで確認してください。
非対応のプリンタの場合は、プリンタとつながっているパソコンにGoogle Chromeをインストールし、Googleアカウントにサインインします。そしてGoogle Chrome画面右上の[Google Chromeの設定] ⇒ [設定] ⇒ [詳細設定を表示…] ⇒ [Google クラウドプリント]の[管理] と進み、ここでプリンタを追加します。これでGoogle Chromeからクラウドプリント経由で印刷することができるようになりました。この場合、印刷する時には、パソコン・プリンタともに電源がオンになっている必要があります。
スマホやタブレットから印刷するには、アプリが必要です。Android端末には、「Google クラウドプリント」という公式アプリが配布されています。iOS端末の場合は、「PrintCentral Pro」をインストールしてください。