アーカイブ : 2012年 10月

『DVDリッピング違法化』と『違法ダウンロード刑罰化』

Download PDF


10月1日から『DVDリッピング違法化』と『違法ダウンロード刑罰化』を盛り込んだ改正著作権法の一部が施行されます。市販のDVDの不正利用を防ぐ技術には、コピーできないようにする「コピー制御」と特定の機器でしか再生できないようにする「アクセス制御」の2つがあります。「コピー制御」を解除することは従来から違法行為でしたが、私的使用目的であればCSSなどの「アクセス制御」の技術を回避してのリッピング(=DVDをパソコンなどに取り込む行為)は違法とはされていませんでした。けれども今回の改正により、CSSは「コピー制御」であると定義され、リッピングソフトを利用してCSS技術を回避してリッピングを行うことも違法となりました。これが『DVDリッピング違法化』です。レンタルDVDだけでなく、自分で購入したDVDをバックアップの目的やスマートフォンで楽しみたい等の理由でリッピングすることも違法とみなされますのでご注意下さい。ただし、現時点では刑事罰はありません。なお音楽CDについては、CCCD(コピーコントロールCD)以外の通常のCDならば、私的使用目的のリッピングであれば問題ありません。また、違法にアップロードされた音楽や映像を違法と知りながらダウンロードすることは、2010年1月1日から施行された前回の改正で私的使用目的の複製の範囲外として違法行為とされましたが、罰則は設けられていませんでした。『違法ダウンロード刑罰化』が導入された今回の改正では、有償の著作物を違法ダウンロードする行為に対して、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金、またはその両方が科されることになりました。親告罪ですので著作権者が告訴しない限りは起訴されませんが、告訴されれば上記の通り収監もあり得ます。詳しくは文化庁のHPに「違法ダウンロードの刑事罰化についてのQ&A」が公開されていますのでご覧下さい。子ども向けにわかりやすく解説されているものもありますので、お子さんが自分でも気付かないうちに違法行為を犯してしまわないよう、ご一緒に確認されてはいかがでしょうか。