カテゴリー : 今月の話題

『警察相談の日』と『#9110』

Download PDF

おまわりさん

9月11日は『警察相談の日』だというのをご存知でしょうか? 
生活上の安全に関する不安や悩みなどを警察に相談できる電話番号として「#9110」が設定されており、これにちなんで、警視庁が1999年に9月11日を「警察相談の日」と定めました。

本来、緊急の事件や事故を受け付ける通報電話である「110番」に、急を要しない相談が多数寄せられる結果、人命にかかわるような事件・事故に対する警察の対応が遅れてしまうというような事態が起きています。 実際、年間900万件を超える「110番」通報のうち、20%~25%が緊急の対応を必要としない照会や相談だということです。そういった案件の相談窓口として設けられたのが「#9110」なのです。

全国どこからでも「#9110」に電話をすると、その地域を管轄する警察本部などの相談窓口に繋がります。
そして、相談業務を担当する専門の「警察安全相談員」などの職員が対応してくれて、助言やアドバイスを受けることができます。
場合によっては相手側への指導や警告もしてくれますし、法律に触れると認められる場合には事件化し、検挙や補導につながることもあります。
相談内容によって、他の機関での対応がふさわしいと判断されれば、当該機関への紹介もしてもらえるそうです。

具体的な相談例としては、ストーカーの被害に関すること、配偶者からの暴力、契約(悪質商法)に関するトラブルや少年非行に関することなど。中には、3日前から連絡の取れない一人暮らしの母親の安否確認について相談し、警察が自宅を訪ねて倒れている母親を救急搬送したという事例もあるようです。

「#9110」への相談件数は年々増加しており、平成27年には2,009,980件もの相談があったということです。
かける必要がないのが一番ですが、もしもの時のために「#9110」を覚えておきましょう。

梅雨の湿気と暑さはPCの大敵です!

Download PDF

てるてる坊主

精密機械であるパソコンの“敵”トップ3は、『熱』『水(湿気)』『ほこり』です。

高温多湿な梅雨時は、このうち2つが出揃うわけで、パソコンにとってはとても苦手な季節なのです。 パソコンにはCPUファンや電源ファンなどの冷却ファンが内蔵されていて、パソコンを冷やしているのですが、このファンや通風孔にほこりがたまると、冷却効果が弱くなってしまいます。 結果、パソコンの動作が不安定になったり、突然電源が切れてしまうなどのいわゆる「熱暴走」を起こしてしまうことになります。

この対策として、まずほこりがたまらないように定期的に清掃してください。 寝室で使用している場合は、想像以上にほこりがたまっています。

そして、パソコンは直射日光の当たらない風通しのよい場所に、周囲から10cm以上離して設置するようにしましょう。パソコン周りを整理して、ケーブル類などが空気の流れを妨げないように注意してください。

さらに、この季節は洗濯物を部屋干しすることも多くなりがちですが、パソコンのある部屋での部屋干しはできるだけ避けてください。観葉植物や熱帯魚の水槽なども要注意です。エアコンの効いた涼しい部屋から急に暑い部屋へ移動した場合などには、パソコン内部が結露してしまうこともあるので気を付けましょう。

また、この時期に発生しやすい雷もパソコンの大敵。直接の落雷がなくても周辺で異常な電圧が発生し、外部と繋がるケーブルを通してパソコンやルーターに悪影響を及ぼすことがあります。雷が鳴り始めたら、パソコンやルーターの電源を抜いておくと安心ですね。

【一般的なパソコンの使用環境】

◎デスクトップパソコン
 温度 10℃~35℃
 湿度 20%~80%(結露しないこと)

◎ノートパソコン
 温度 5℃~35℃
 湿度 20%~80%(結露しないこと)

夏のボーナス何に使いますか? みんなの使い道は?

Download PDF

ボーナス
そろそろ夏のボーナスの時期ですね!
この夏の民間企業のボーナスは、2年連続で増加すると予測されています。
三菱UFJリサーチ&コンサルティング社によると、夏のボーナスの支給労働者数は4,140万人(前年比+3.0%)、支給労働者割合は82.6%(前年差+0.4ポイント)、そして一人あたりの平均支給額は36万8,272円(前年比+0.9%)だそうです。
また、国家公務員(管理職および非常勤を除く一般行政職)の平均支給額は64万1,926円(前年比+1.9%)とのこと。
さて、この嬉しいボーナスの使い道は…?
昨年のデータになりますが、価格.comの調査によると、下表のような結果になっています。
金額も前年からの増加率も「貯金」が第1位になっています。第5位にも「金融商品購入/外貨預金」が入っており、堅実な傾向が見て取れますね。
将来のための蓄えはもちろん大切ですが、一度しかない人生を楽しく過ごすためにも、ボーナスが出たときくらいは少し贅沢しても良いのでは?
「旅行」が第4位に入っています。ちょっと遠出するのもいいですね。
ちなみに6~7月にオススメの旅行先は「香港」「ロシア」「バリ」「ハワイ」なんだとか(近畿日本ツーリスト調べ)。
さあ、みなさんはどのように使われるのでしょうか?

順位 使い道 平均消費額 前年比 
1位 貯金 207,429円 +5.9% 
2位 ローン返済 167,261円 -10.9% 
3位 教育費 132,324円 -9.1% 
4位 旅行 118,098円 -26.0%
5位

金融商品購入
外貨預金等

118,026円 -29.1%

4月10日で、ちょうど100日…! 「100日」にちなんだイベントはいかが?

Download PDF

お食い初め
1月1日から数えて、4月10日でちょうど100日を迎えます。
今回は「100日」に関係するイベントを集めてみました。
まず、赤ちゃんが生まれて100日目頃に行う「お食い初め」は「百日祝い(ももかいわい)」とも言い、「一生食べ物に困らずに生活できますように」という願いを込めて行う日本の伝統的なお祝い事の一つです。
中国では、生後100日目のお祝いを「百日宴」と言い、親戚や友人を招いて赤ちゃんのお披露目をするそうです。この日に赤ちゃんは初めての剃髪をします。その毛で「胎毛筆」を作り、記念として大切に保存するとのことです。
韓国にも同じく生後100日目を祝う行事として「百日祝(ペギルチャンチ)」があります。縁起の良いペギルボッ(お祝い服)を着せて無病長寿と幸せを願います。そして豪華な食事と一緒に、餅(トッ)を2種類以上作るのが慣わしです。
また韓国と言えば、記念日大好きな韓国のカップルにとって最も重要な記念日が、付き合って100日目の「100日記念日」だそうです。プレゼントを交換したり、100本のバラを贈ったり、男性が知恵を絞ってサプライズイベントを準備するなどします。楽しそうですね。
さぁ、あなたも「○○から100日目」に何か記念のイベントをしてみてはいかがでしょうか? いつが100日目なのか計算してくれるサイトもありますよ。
(例えば「人生の節目計算」http://www.benricho.org/nenrei/hushime_kinenbi/ など)
ところで、4月10日の前日の9日、株式会社マデコムは創立20周年を迎えます。
皆さまに支えられながらの20年間でした。本当にありがとうございます。
今後も皆さまのお役に立てるようスタッフと共に精進してまいりますので、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

確定申告はお済みですか? まだならパソコンでやってみませんか?

Download PDF

確定申告

毎年の確定申告…面倒ですね。
申告期間もあとわずかです。
今焦っているあなた、今年はパソコンで確定申告書を作成してみませんか?
国税庁のHPの「確定申告書作成コーナー」から、ご自宅のパソコンで手軽に作成することができますよ。
( https://www.keisan.nta.go.jp/h28/ta_top.htm#bsctrl )
「確定申告書作成コーナー」で作成すると、
① 365日24時間いつでも利用できる(途中でデータを保存して中断し、後日再開することも可能)ので忙しい方にも便利
② 難しい計算は自動計算してくれるので、計算間違いがなくなる
③ 手順通りに進行しないと先に進めないので、記載漏れや入力ミスがなくなる
④ 医療費や配当などの集計も、専用フォームが用意されており、簡単に申告書に反映できる
⑤ 入力が終了すれば自宅のプリンターで様式ごと印刷できるので、用紙を準備する必要がない…などの利点があります。
ご自分のパソコンの利用環境が申告書作成のための推奨環境を満たしているかどうかを確認する必要がありますが、それも国税庁のHP上からクリックひとつで確認することができます。
また、作成した申告書を提出するには、
① 印刷して、必要添付書類(各控除証明書等)を貼って税務署に郵送もしくは持参する、
② データとしてインターネット上で提出する(e-Tax)、の2通りの方法があります。
後者(e-Tax)の場合は、電子証明書が組み込まれているマイナンバーカードまたは住基カードやICカードリーダライタ、ソフトウェアのインストールなどの事前準備が必要になりますが、下記のようなメリットがあります。
① 最高5,000円の税額控除、② 添付書類の提出が不要、③ 還付金がスピーディー…など。
「確定申告書作成コーナー」には、入力例や手引きなども用意されていますし、わからないことを電話で問い合わせることもできます。
問合せ先: 0570-01-5901(全国一律市内通話料金)または03-5638-5171(通常通話料金)へどうぞ。