苦手な夏休みの宿題ランキング 第1位は…?

Download PDF

夏休み

お子さんがいるご家庭の中には「8月31日は毎年修羅場だ」と子どもの夏休みの宿題に毎年のように振り回されている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 
子どもの夏休みの宿題は、親にとっても結構なストレスの原因かも…。子どもの宿題なのに子ども以上に親が苦労する、なんて話はよくありますよね?

さて、そんな夏休みの宿題ですが、さまざまなアンケートを行っているアンケートサイト「みんなの声」の『夏休みの宿題で、嫌だったモノは何?』という調査では、第1位が「読書感想文」(5847票)。続いて第2位は「自由研究」(4324票)、第3位は「絵日記」(1133票)という結果が発表されています。

また、ベネッセコーポレーションの「進研ゼミ小学講座」が保護者を対象に行ったアンケート調査でも、読書感想文は「やや取り組ませ難かった」が30.4%、「非常に取り組ませ難かった」が32.7%あり、計6割以上の方が「取り組ませ憎い」と感じているようです。親御さん自身も子どもの頃に読書感想文が苦手だったという記憶が尾を引いているということでしょうか。

このように親子ともに多くの人が読書感想文に悩まされているようですが、コツがわかれば意外にスラスラと書けるものです。

最近では子ども向けに書き方を説いた書籍も販売されていますし、ネットという強い味方もあります。例えば「Yahoo!きっず」の『読書感想文 書き方のコツ』( https://kids.yahoo.co.jp/event/mag/dokusho/ )は、とてもわかりやすく書かれていますよ。

今年の夏休みは、読書感想文に悩まされることなく過ごせると良いですね!

 

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。